Circle(円)に関する基本の英語表現を覚えよう

英語で数学(Geometry)

こんにちは。 ゆうです。

この記事では、Circle(円)に関する英語表現について説明します。

PARTS OF A CIRCLE(円の部品)

まず、円の各部品について説明します。

半径:Radius(単数),Radii(複数)、図中のOAとOTとOBとOC。

中心:Center、図中のO。

(円の)周囲:Circumference(Perimeter of a circle)

直径:Diameter、図中のAC。

接線:Tangent 接点:Point of Tangency、図中のT。

より具体的には、曲線と接線が相接する点のことをPoint of Tangency(接点)と言います。

割線:Secant 孤:Chord、図中のRS。

扇形:Sector、図中のOADBO。

円弧、弧:Arc、図中のADBとATRC。

AREA AND CIRCUMFERENCE(面積と周囲)

円の面積や周囲を求めよという問題は、Accuplacerテストの練習問題でよく見かけましたので、テストを受ける予定がある人はよく復習しておいた方がよいです。

Area of a circle(円の面積):

$$\color{red}{A=\pi r^2}$$

Circumference(周囲):

$$\color{red}{C=2\pi r}$$

SECTORS(扇形)

扇形は、Sectorと言います。

扇形についてもAccuplacerテストの練習問題でよく見かけましたので、テストを受ける予定がある人はよく復習しておいた方がよいです。

Area of a sector(扇形の面積):

$$\color{red}{A=\frac{θ}{360°}\pi r^2}$$

Arc length of a sector(扇形の孤の長さ):

$$\color{red}{S=\frac{θ}{360°}\times 2\pi r}$$

Perimeter of a sector(扇形の周囲):

$$\color{red}{p=s+2r}$$

INSCRIBED(内接)

内接は、Inscribedと言います。

X is inscribed in Y.

XはYに内接している、という意味です。

例えば、

A circle is inscribed in figure ABCD.

この場合、四角形ABCDに円が内接している。 A regular hexagon is inscribed in a circle of diameter 10. この場合、正六角形が直径10の円に内接している。

Accuplacerテストの練習問題では、円がある形状に内接する場合やある形状が円に内接する場合などに関する問題をよく見かけました。図解がない問題もありますので、どちらがどちらに内接しているかを間違えないようにしてください。

以上、ではでは。

ゆう。

コメント