【英文のライティングに役立つ】順番がある!?英語の形容詞の並べ方を覚えよう

英語の文法

こんにちは。

ゆうです。

唐突ですが、英語の形容詞を複数並べるときの順番にルールがあることをご存知でしょうか?

私はアメリカのアダルトスクール(無料の英語学校、ESL)に通うまで全く知りませんでした(高校で習ったのかもしれませんが、全く覚えていませんでした)。

また、アダルトスクールに通っていた時のアメリカ人のチューターはこのルールを全く知らない!!しかし、いざ一緒に問題に挑戦してみたところ、そのチューターは必ず正解通りに並べることができるのです。

そのチューターもかなり驚いていました。あれ、なんでだろうと(笑)

順番が違うと、なぜだか違和感があるそうです。

ルールを習わなくとも、親や学校の先生、本、教科書、テレビ、ネット、新聞などによって子供の頃から無意識に身についているようです(うらやましい)。

しかし、私のように、英語が第二言語で30半ば過ぎの人間にとっては、このルールを今から無意識で身に着けるというのはかなり難しい。ネイティブにとって違和感のない英語を使うには、何度も確認するのがよいです。

Adjective(形容詞)

Adjective(形容詞)は、Noun(名詞)を修飾するものです。

例えば、

A big apple

bigが形容詞です。

Parts of Speech(品詞)の修飾関係は以下の通りです。

また、be、seem、becomeの後にも形容詞は使われます。

This cake is white.

whiteが形容詞です。

形容詞のカテゴリーと順番

基本的な考え方は、主観的(意見など)な表現の形容詞から客観的(事実)な表現の形容詞を順番(左から右)に並べていきます。

各カテゴリーの単語

各カテゴリーの単語は以下のようになります。

カテゴリー
Opinion/Evaluation

(主観や評価)

beautiful

delicious

useful

youthful

nice

Size/Length

(サイズや長さ)

long

short

big

small

tall

little

Age

(年齢・年代)

new

old

young

antique

two-year-old

Shape/Width

(形や広さ・幅)

round

square

triangular

wide

narrow

fat

thin

slim

Color

(色)

black

green

red

Origin

(出所・起源など)

German

imaginary

Material

(素材)

wooden

iron

leather

metal

Purpose

(目的・用途)

dog

government

wedding

running

並べ方

具体的にどのように並べるかを例に挙げてみます。

違うカテゴリー同士の2つ以上の形容詞

This is a delicious Japanese cake.

deliciousはOpinion(意見)、JapaneseはOrigin(出身)です。

このように、異なるカテゴリー同士の形容詞を並べる場合は、先ほど説明した順番通り、“,”(カンマ)や”and”を使わずに並べます。

×:a long and white skirt

×:a long, white skirt

〇:a long white skirt

2つ以上のOpinion/Evaluation(意見や主張)の形容詞

・This is a beautiful and delicious cake.

・This cake is a beautiful, delicious cake.

beautifulとdeliciousはいずれも意見です。

2つの例のように、”and”もくは”,”(コンマ)で形容詞をつなぎます。

2つ以上のColor(色)

・I got a red and white skirt.

redとwhiteはいずれも色の形容詞です。

この例のように、形容詞を”and”でつなぎます。

また、3つ以上の色の形容詞の場合以下のように並べます。

・a red, white and black dress.

2つ以上のMaterial(素材)の形容詞

・This is a metal and wooden table.

metalとwoodenはいずれも素材の形容詞です。

この例のように、形容詞を”and”でつなぎます。

また、3つ以上の色の形容詞の場合以下のように並べます。

・a gold, silver and leather bag

その他

冠詞、指示語、代名詞は、先頭にきます。

・My long white dress

また、数も先にきます。

・three small black ball

出典

Raymond Murphy, ENGLISH GRAMMAR IN USE, Cambridge, fourth ed., 2012

Kaurie Blass, GRAMMAR AND BEYOND 3, Cambridge, 2012

英語の文法
スポンサーリンク
you-eigoをフォローする
ゆう@アメリカ生活終了→英語勉強

コメント