【駐在帰任】アメリカで駐在妻の車を売る

アメリカ生活

2020年2月までアメリカで駐在妻をしていたゆうです。

夫の海外転勤の終了に伴い、日本に帰国するため車を売りました。

夫の車は会社からのレンタルであったため、特に手続きが必要ではありませんでした。一方、駐在妻である私の車はアメリカで購入したものであり、帰任に伴い、売却しなければなりませんでした。

ネットでの査定

まずは心の準備のため、オンライン上で車の査定を行いました。

Kelly Blue BookのWhat’s My Car Worthで、簡易に見積もってみました。

Kelly Blue Bookのサイトはこちらからどうぞ

こちらのサイトは、メールアドレスなど登録しなくても見積もり結果を表示してくれるので、使ってみました。

査定条件

・モデルの年(Year):2017

・車の会社(Make):Toyota

・モデル(Model):秘密

・マイル数(Mileage):12000

・郵便番号(Zip Code):秘密

・カラー(Color):ホワイト

・状態(Condition):Very Good

・その他オプション(Options):なし

査定結果

だいたい$8000~$9500位。購入価格は約$20000。

店舗での査定

わたしの住むエリアで中古車を取引しているのはCarmax、車を購入したToyotaのディーラー、直接取引の3択。直接取引は、一番高く売れると言われたのですが、帰国前にトラブルがあると怖いので、即却下。Carmaxは友達が車売るなら一番よいと教えてくれたところです。

夫と話し合った結果、まずはCarmaxに行き、ネットの査定よりも高ければCarmaxで決定、もし低ければディーラーにもっていこうということにしました。

Carmaxで待たされないようにするには、ホームページから予約をとるとよいです。我が家引っ越しの約1週間半前の日曜日に予約を取りました。

結果、査定は$10000。これはネットの査定よりも高かったので、即決。即決と言っても車を売ってしまうとレンタカーを借りなければならないので、その場では売らず。Carmaxではこの$10000が有効なのは見積もりから7日間です。そのため、見積もった次の土曜日、帰国の5日前、家を引き払う3日前に売りました。

売るのはとっても簡単。

・カータイトル

・レジストレーション

・運転免許証等のID

・車のキー

・インシュランス

を持っていけばよいだけです。

売るときは、小切手とナンバープレートをもらって終了。

売った後

売った後は、ナンバープレートをもってDMVに行かなければいけません。Registrationを無効にしなければいけません。

売った日が土曜日のお昼だったので、我が家はそのままDMVに直行し、無効化しました。ナンバープレートが欲しければ、担当者に言うと、Registrationのシールをはがしてもらえば、そのまま持ち帰ることができます。持ち帰りたい旨伝えないと、その場で回収されてしまうので気を付けましょう。

Registrationを無効化すると、インシュランスを終了してよいそうなので、DMVの後、インシュランス会社に直行しました。

そして、インシュランスもその日で終了してもらい車関係はすべて終了です。

その他

ちなみに車のキーが2つ揃ってないだけで、査定が下がるようなので、キーは無くさないようにしましょう。また、私の住んでいるエリアとは違いますが、同じような走行数で全く同じ車がCarmaxで$14000で売りに出されていたので、クリーニングしたりとかで+$4000位で売ってるのかもしれません。

 

コメント

by Cocoon 本日 0  4  20 全体 180

 

コメント