【英語多読】The Wide Window(ネタバレあり。)

英語の多読・多聴

この記事では、英語の多読にお勧めなA Series of Unfortunate Eventsの第3巻を紹介します。

Title:The Wide Window

Author : Lemony Snicket

YL=4.5

単語数=31,699

Lexile:  980L(Lexile Measureによると、Grade5-7です。)

あらすじ(ネタバレあり)

火事で親と家を失ったBaudelaire家の3人のきょうだい Violet, Klaus, Sunny は、Lake Lachrymoseを見下ろす丘の上にすむAunt Josephineに預けられます。火事で夫を亡くした未亡人のAunt Josephineは、何事にも恐れを抱いていて、火を使って火事になるのが嫌なので料理も冷たいスープしか作らないし、家の中も寒いままです。しかし、彼女は、非常に英文法に厳しく、彼女の図書館は英文法の本で一杯です。例えば、彼女は、VioletやKlausの英文法の間違いだけでなく、赤ちゃんで全然しゃべれないSunnyまで注意します。

食料品店にみんなで出かけると、Captain Shamという船員に出会います。Captain Shamは、Aunt JosephineにViolet達と姉妹かと思ったとかお世辞いう調子いいやつです。このCaptain Shamですが、きょうだい達の遺産を狙うCount Olafの変装。きょうだい達は、Aunt JosephineにCaptain ShamがCount Olafであると伝えますが、Aunt Josephineは、Captain Shamが義足であることから信じてくれません。

その晩、こども達は、寝ているとクラッシュ音を聞きます。そして、Aunt Josephineを探していると、Lake Lachrymoseを見下ろすWide Windowに穴が開いています。こども達は、そこからAunt Josephineが飛び降りて自殺したと知ります。さらに、Aunt Josephineは飛び降りる前に残したメモには、こども達の新しい保護者にCaptain Shamがなることが書かれていました。Baudelaire家の遺産を管理する銀行員のMr. Poeは、このメモが有効であり、こども達の新しい保護者が正式にCaptain Shamになることをこども達に伝えます。当然、こども達は、そのメモがCaptain Shamによる陰謀であることをMr. Poeに伝えますが、信じてもらえません。

Klausは、Aunt Josephineが残したメモの文法エラーが暗号であることに気づきます。暗号を解読すると同時に、Aunt Josephineの家はハリケーンによってばらばらになり、湖に落ちてしまいます。

間一髪家の崩壊から逃れたこども達は、解読した暗号を基に、Captain Shamの船を盗み、Aunt Josephineが隠れているであろうCurdled Caveにハリケーンが襲う湖の中、Aunt Josephineを助けに向かいます。

Curdled CaveにいたAunt Josephineは、Count Olafによって脅されてメモを書き、Wide Windowから自殺したように見せかけたその洞窟に逃げたことをこども達に教えます。

こども達は、湖を渡ることを怖がるAunt Josephineを説得して、なんとか湖を引き返そうとします。しかし、湖を渡っている最中に、Lachrymose ヒルに船が襲われてしまい、船に穴が開き、船はどんどん湖に沈んでいきます。Violetのアイディアで、救助のための火をあげることに成功しますが、やってきたのは、Captain Shamだけです。Captain Shamは、Aunt Josephineだけ船に残して、こども達だけを連れ家に戻ります。Aunt Josephineは船ごと海に沈んでしまい、ヒルの餌食になってしまいます。

SunnyがMr. Poeの前でCaptain ShamにCount Olafであることを証明する目のタトゥーが彫られていることを明らかにすると、Count Olafはさっさと逃げてしまいます。

そして、Mr.Poeは、こども達に新しい家を紹介するためにLake Lachrymoseを去ります。

感想

今回もCount Olafからこども達が協力しあって逃げていく過程は非常に読み応えがあります。そして、子供向けの本であるにもかかわらず、またまた今回も人が亡くなってしまいましたよ!!!すでに2人がCount Olafによって殺されてしまいます。そして、相変わらず、周りの大人がこども達の意見を聞いてくれず、上手くいきません。もうこのパターンがお決まりなのでは?と思いながら読み進めていました。

ではでは。

以上。

このSeriesの他の巻については下からどうぞ。

A Series of Unfortunate Events#1 The Bad Beginning

A Series of Unfortunate Events#2 The Reptile Room

コメント

  1. […] ・A Series of Unfortunate Events#3 The Wide Window […]